いつかきっと…

2014-01-21T06-34-33-c9f1b
2014-01-21T06-34-33-c9f1b
私の友達のわんこが虹の架け橋を渡っていってしまった。

私にとっても親友って言ってもいいくらい、とても大切なわんこだった。

20日の朝刊配達が終わってスマホを見てみたらメールが一通届いていた。

午前0時5分、君が旅立っていったことを知らせる飼い主さんからのメールだった。

前日の夜、病院に連れていくのを手伝ってたばかりだった。

最近、元気がなくて食欲も落ちてはいたけれど、まだまだそんな感じは少しも感じなかったのに。

すぐに友達の家に向かう。

布団に横たわっている君は、まるでいつものように寝ているようにしか見えない。

早朝に歩いていったので私の手はすっかり冷えきっていて、君の体をなでたとき、とってもあったかく感じた。

けれど、すっかり固くなっていた君の体、なでてもなにも反応を示さない・・・

涙がとめどなくあふれて・・・・

まだ早い、もっともっと君と一緒にいたかったよ・・・

でも、君が大好きだった飼い主さんにみとってもらえて、君はとっても安らかで幸せそうな表情だった。

良かったね。幸せだったね。たくさん、頑張ってきたね。

私も、君にはたくさん癒やされて元気づけられて助けられてきた。

ありがとう。本当にありがとう。

天国に行くと、動物もしゃべることができるようになるって聞いたことがある。

いや、言葉なんてなくても通じるってことなのかな?

君は私のことをどんなふうに思っていたのだろう。

いつか私がそっちに行ったら、君とゆっくりと酒でも酌み交わしてみたいものだ。

いろいろ文句を言われそうな気もするが(^_^;)

あ、でもごめん、まだあと50年は行かないつもりだけどね(^_^;)

ゆっくり待ってて。

ん?私が天国に行けるかどうか・・・それが問題か(^_^;)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 真由美 より:

    飼い主さんに看取ってもらって幸せでしたね
    知らないうちに逝かないでお利口さんでしたね
    褒めてあげたいです

    • ☆竹ちゃん より:

      ◆真由美さん
       ほんとうにそうですね。
      彼はとっても偉かったと思います。それだけ飼い主さんのことが好きだったんでしょうね(^_^)v

  2. 桐生 美代子 より:

    わんこちゃんの写真が載っていて
    「いつかきっと」
    で読むかを躊躇しました
    きっとわんこちゃんが亡くなったのだろうと・・・
    悲しい知らせは読むのも辛いです
    安らかに眠っているような表情で幸せな日々を送ったのでしょう

    • ☆竹ちゃん より:

      ◆miyoさん
       わんちゃんと一緒に暮らしてる方には、ちょっとつらい投稿になっちゃいましたね。
      でもほんとうに安らかな顔でした(^_^)v

  3. きたの より:

    いっぱい いっぱい

    心を砕き、寄り添って。。。。でもいつか別れは来るのですね。

    思い出に、感謝をこめて。

    • ☆竹ちゃん より:

      ◆きたのさん
       ほんとうにそうですね。避けられないこととわかってはいてもやっぱり・・・
      でも楽しい思い出をたくさんくれました(^_^)v

  4. きなこ より:

    飼い主さんに看取ってもらえて良かったですね。
    思い出話をたくさんして、たくさん泣いて偲んであげてください。

    • ☆竹ちゃん より:

      ◆きなこさん
       本当に飼い主さんがいるときで良かったです。
      というか、きっといるときまで頑張ったんだなぁって思います。
      はい、なんかもうすっかり涙腺が弱く(;´∀`)