ノハナショウブの里

今日の早朝ランは東野幌にあるノハナショウブの群生地まで往復してきました。

花菖蒲(ハナショウブ)ではありません。ノハナショウブです。

実は花菖蒲はノハナショウブを原種として作られた園芸種なんだそうです。江戸時代にたくさんの種類が作られたとか。

原種であるノハナショウブは100万年も前から日本の湿地や川の近くなどにたくさん自生していたのだそうですが、現在はその自生地は激減し、非常に少なくなっているのだそうです。

そんなノハナショウブの群生地がわが町江別にあるんですよ。

今はちょうど見頃です。5万本を超えるノハナショウブはなかなか見事なものです。

今週いっぱいくらいまでは見頃が続きそうとのこと。ここのところ雨続きですが、週末には晴れそうですし、一度見に行ってみませんか?(駐車もできます)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする