『拓北農兵隊 北の世田谷物語』の昔と今/野幌公民館

わが町江別市に「世田谷」があるのをご存知ですか?国策として東京世田谷区の人たちが今の角山近くに入植してきたことから「世田ヶ谷地区」と呼ばれているそうです。

詳しくはこちらの2015年8月の江別市広報を参考にしてくださいね。

そんな、「もうひとつの世田谷」を知ってもらおうと今年1月に「北の世田谷展」が東京都世田谷区で開催されました。

 【江別】敗戦直前の1945年(昭和20年)7月、空襲で焼け出された東京都世田谷区の33世帯が入植した市内角山の通称・世田谷地区の歴史や暮らしを紹介する初の企画展が26日から都内で始まる。期間中は江別...

そして、その「北の世田谷展」が、世田ヶ谷地区のあるわが町江別に凱旋!
「『拓北農兵隊 北の世田谷物語』の昔と今」として本日19日から野幌公民館で開催されています。午前10時~午後3時まで、入場は無料です。

 【江別】終戦直前、東京都世田谷区の人たちが江別市角山の通称・世田谷地区に集団入植し、地域をつくった歴史を紹介する企画展「『拓北農兵隊 北の世田谷物語』の昔と今」が、19日から野幌公民館で開かれる。世...

ご興味ある方はぜひ!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする